新しい診断方法|うつ診断を通して自身の状態を知る|心療内科でうつ病治療

うつ診断を通して自身の状態を知る|心療内科でうつ病治療

女の人

新しい診断方法

女の人

現代では、インターネットを利用して手軽に「うつ診断」を受けられるようになりました。それにより、自身がうつ病を患っている可能性があるということを自覚し易くなったのです。うつ病を自覚することは良いことですが、うつ診断を受けた人の中には気分を高揚させるためにアルコールを多量摂取する人がいます。確かに、医療機関を受診して専門的な治療を受ける前にそういった方法で解決できるか試したい気持ちも分かりますが、うつ病を患っている際にアルコールを多量摂取するのは症状を悪化させるだけなのです。そのため、うつ診断でうつ病の可能性があると判定を受けた時には、アルコールの摂取を控えましょう。うつ病の疑いがある時には、アミノ酸の摂取が最適です。アミノ酸は肉衣類やタマゴ、魚類といった食品に多く含まれていますので、それらを主体としたバランスの良い食事を取りましょう。そういった生活習慣の改善というのも、うつ病改善の方法なのです。

うつ診断は簡易的な診断であるため、確実性のある診断を受けたいと考えているのであれば精神科や心療内科を受診しましょう。そういった医療機関での診断方法というのは様々で、以前まではカウンセリングがうつ診断の主な判断材料とされてきました。最近では、カウンセリングに代わって「光トポグラフィー検査」といった光を利用した診断が導入されています。光トポグラフィー検査というのは、近赤外光(人体には無害)を照射することによって頭の血流を測定(可視化)し、そのパターンからうつ病かどうかを判断する診断方法です。この検査はカウンセリングに比べ、うつ診断の正確性が高いと言われています。もし、うつ病の症状に当てはまるが自分がうつ病であると確信が持てないという人や、うつ病の治療を受けているが効果が得らないといった人がいるのであれば、光トポグラフィー検査を受けてみることをお勧めします。


自分自身のうつ病の状態についてより正確に診断してもらうことによって、効果的な治療を受けることが可能です。光トポグラフィー検査はうつ病治療において、その活躍が多い気に期待されています。このように、うつ病治療というのは、常に進化を続けているのです。最近では、そういった診断方法の進化に加え、投薬治療やカウンセリング治療に代わる最新医療機器による身体的アプローチであったり、認知行動療法による感情コントロールであったり、治療の幅も広くなってきています。自分に合った方法で、うつ病を治療しましょう。