適切な病院選び|うつ診断を通して自身の状態を知る|心療内科でうつ病治療

うつ診断を通して自身の状態を知る|心療内科でうつ病治療

女の人

適切な病院選び

悩む女性

うつ病というのは、自分自身では判断しづらい病気です。もし、最近気分が落ち込むことが多いと感じたり、物事に意欲を感じられなくなったりしているのであれば、「うつ診断」を受けてみることをお勧めします。うつ診断はインターネットで利用することができ、幾つかの日常生活に関する質問を通してうつ病の重症度を判定することが可能です。また、数多くの人の中には、既にうつ診断を利用したことのある人が少なからずいるでしょう。うつ診断は、あくまでも個人で行なうことのできる簡単なチェック方法です。その診断結果だけで納得するのではなく、うつ病の可能性が少しでもあると思うのであれば、心療内科や精神科を受診して専門医による診察を受けましょう。

心療内科や精神科というのは、うつ診断を受ける際に聞く診療科ですが、多くの人はその違いについて把握していないものかと思います。心療内科というのは、「心身症」の診断・治療を主に行なっている診療科です。つまりは、心理的問題によって引き起こされた身体疾患を専門としている診療科なのです。うつ病を患ってしまうと、より多くのストレスを溜め込むことになります。そのストレスは胃潰瘍や腸閉塞等を引き起こし、それらの身体的疾患が心身症と呼ばれるのです。そのため、うつ診断においてうつ病を患っているといった可能性が示唆された時、心療内科の受診が勧められます。次に、精神科について知っていきましょう。心療内科が心身症の診断・治療を行なっているのに対して、精神科では「精神疾患」の診断・治療を主に行なっています。つまり、心の病を専門としている診療科なのです。うつ病は精神疾患に該当しますので、精神科の受診も間違いではありません。

日本国内には数多くの心療内科・精神科が展開しており、うつ診断を通して医療機関で正確な診断を受けたいと考えた時にはその中から一つを選ぶ必要があります。心療内科・精神科における病院選びを行なう際には、通える範囲の病院のホームページを閲覧すると良いでしょう。ホームページには診察・治療を担当する医師の経歴等が掲載されていることが多々あり、中には掲載していない病院も存在します。そこから、医師の経歴が掲載されている病院のみに絞り込むのです。絞り込んだ後には、ホームページに掲載されている施設情報等を利用して、更に絞り込みましょう。ある程度まで絞り込むことができたら、実際に診察を受けにいく必要があります。その時には、しっかりと診察を行なう医師を観察することが大切です。しっかりと自分の話を聞いてくれているのか、うつ病に関する説明はしてくれるのか等、患者との信頼関係を築くことのできる医師には特徴があります。そのため、しっかりと観察することが重要なのです。