うつ診断を通して自身の状態を知る|心療内科でうつ病治療

それは鬱病のサインかもしれません

主な原因と治療方法

看護師

うつ病に掛かる人の多くは、真面目で責任感の強い人だと言われています。もし、そういった性格かもしれないと思う人がいるのであれば、インターネットでうつ診断を行ない、自分自身がうつ病なのかどうかを判断すると良いでしょう。

View Detail

適切な病院選び

悩む女性

うつ診断を通して中等度・重度という判定が出された際には、心療内科・精神科の受診をお勧めされるはずです。もし、うつ病によって心身症が現れているのであれば心療内科へ行き、うつ病の症状だけであれば精神科を受診すると良いでしょう。

View Detail

心の問題を解決

医者

日本国内において、うつ病を患ってしまっている人の数が増加している傾向が見られています。うつ病は精神疾患の一つで、代表的な症状として「気分の落ち込み」が挙げられるでしょう。毎日気分が落ち込んだ辛く苦しい状態が持続するため、最終的には自分自身に価値が見いだせなくなってしまうケースもあります。そういった症状から、うつ病は自殺の原因となってしまうのです。その他の症状としては、意欲の低下や睡眠障害、食欲不振(または過食)、希死念慮等が挙げられます。数多くの人の中には、うつ病の症状は個人の考え方の問題だと決めつける人もいるでしょう。しかし、うつ病は治療することのできる病気なのです。もし、自身がうつ病かもしれないと考えているのであれば、インターネットを利用して簡易的うつ診断を受けてみることをお勧めします。その診断結果によって、専門の医療機関を受診すべきかどうか自分自身で判断することができるでしょう。

簡易的うつ診断は、そのサイトによって内容が異なります。基本的には、簡易抑うつ症状尺度を使ってチェックする仕組みになっており、短い時間で簡単に診断することが可能です。どういった診断かというと、幾つかの質問に正直に答えるだけといったチェック式の診断となっています。質問には選択肢が設けられており、その中から自分の状態に適したものを選ぶことによって、うつ病の可能性があるのかどうかを判定できるのです。判定結果は軽度・中等度・重度といったように表記され、中等度・重度といった診断結果がでたのであれば専門の医療機関を受診して精密な診断を受けることをお勧めします。簡易うつ診断はあくまでも個人で行なうチェックでしかないため、専門の医療機関で診断を受けることが大切なのです。もし、判定が軽度であったとしても、その状態が悪化する可能性は十分にあります。また、うつ病に近い病気というのも存在するため、早期検査は必要不可欠です。うつ病に近い病気というのは、不安障害やパニック障害、強迫性障害、PTSD、統合失調症等です。うつ病の治療を行なう多くの医療機関では、そういった精神疾患を患った人をサポートする体制が整っています。そういった精神疾患を患った時には、誰かを頼ることが大切です。頼る相手は家族や友人の他にも、カウンセラー等が挙げられます。頼れる人はいないと考えずに、頼れる相手を見つけて頼りましょう。そうした上で治療を受けることをお勧めします。

ストレスの原因

カウンセリング

うつ診断を受けた人の中で、うつ病の症状が軽度・中等度・重度と判定された方の多くは、日常生活の中で何かしらのストレスを感じているはずです。そのストレスは社会的ストレスであったり、心理的ストレスであったり、多岐に渡ります。

View Detail

新しい診断方法

女の人

うつ診断というのは、主にカウンセリングが判断材料とされてきました。最近では、近赤外光を利用した光トポグラフィー検査と呼ばれるうつ診断方法が登場し、より正確にうつ病かどうかを判断することができるようになったのです。

View Detail